banner

株数に応じた配当

会社設立と株数に応じた配当について

会社設立を行う際にはある程度のお金が必要になります。事業のために必要な作業環境を整備したり、必要な資材を管理するためにもある程度の資金が重要になってくるため、何らかの方法で資金を確保する必要性に迫られているものであると言えるのです。この様な資金を自前で調達することも一つの方法であると言えますが、株式を発行して出資を募ることで資金を確保するというのも広く行われている資金集めの方法の一つです。

株式会社という会社は株式を発行すり事により資金を調達する仕組みになっており、出資に関してはこの株式の数、つまりは株数によって全てが決まる仕組みを持っています。会社を作り動かしていく方法としてはスタンダードなものであると言えるでしょう。

会社設立を行うための資金を全額自分で調達するケースを除き、何かしら新しい事業を行おうとする場合には必要な資金を借りることで事業を推進する原動力とするのが一般的な対応であると言えます。そのために使用されるのも株式です。株式一つ当たりの単価をあらかじめ設定しておき、その株数によって資産を管理するのが会社設立の基本的な対応であると言えます。

例えば事業を行うことによって生じる利益を分配する場合には所有している株式の数を参考にして利益の分配が行われます。株式会社を設立した場合には、いかなる場合も出資額に応じた配当を行うことが義務付けられており、どれだけの株数を保有しているのかが重要な要素になると言えます。会社設立を行い、その後の資産管理を行う上でも情報の取り扱いが容易であり、透明性にも優れているのがこの仕組みであると言えるでしょう。

しかしながらこの様な仕組みは会社を大きくして行くための投資に対して透明性を高めるために存在していものです。広く第三者から出資を募る場合には分かりやすい仕組みであることが絶対に必要になりますが、小規模事業などの場合には出資が必ずしも分かりやすい形で管理される必要があるとまでは決められていません。

小規模事業の場合には広く公平性の高い仕組みでの出資の仕組みよりもむしろ、柔軟に対応することが出来て便利であるという仕組みの方が重視されています。近年では合同会社と呼ばれる会社が柔軟な仕組みの存在によって事業展開することが出来るようになってきています。会社設立をすることが出来る会社の形にはいくつかの種類がありますので、必ずしも全てが株式によって資産を管理する株式会社である必要はないのです。

Copyright(c) 2015 誰でも一人でできる会社設立の手引き All Rights Reserved.