banner

内祝いについて

会社設立における内祝いについて

会社設立をした時には挨拶状を受け取ることが在ります。
知り合いの人が会社設立をすると言う事は事前に話を聞いていると言う事も在りますし、サラリーマンだった人が独立をしたいと考えた時など、相談に乗ってあげることもあるなど、親密な関係になっているほど、内祝いを贈ることが今後のビジネスにおいての発展にも繋がります。

会社設立をする人は、従来サラリーマンだった人が独立をして会社組織を作る場合と、個人事業主だった人が会社を立ち上げるケースの何れかが多く在りますが、サラリーマンだった頃に取引先としてお付き合いがある場合や、個人事業主だった頃に、お世話になった人が会社設立をする場合は、事前に会社を作ることについての話などを聞いているケースが多くあるため、設立をして挨拶状を受け取った段階で、速やかにお祝いの言葉を相手の会社に対して行うのがマナーと言えます。

会社設立時の挨拶状は営業開始となる1週間前から営業開始前にはお世話になっている会社や個人に対して送付するのがマナーと言われており、これを受け取った企業や個人の人はなるべく早めに内祝いを贈ることが大切です。
尚、お祝いは金額ではなく心がこもっている事が大切であり、挨拶状を受け取った時にはまずは電話などで祝福をする事が大切です。

また、お祝いは自分の立場がどのようなものであるのかにより贈物なども変わることになります。
同僚などが独立をして会社を作った場合と、部下が独立をして会社を作る場合とでは立場そのものが異なりますので、贈物の種類や金額なども変わることになります。

一般的な贈り物として選ぶ人が多いのが時計です。
時計と言うのは時を刻むと言う意味を持つため、前途を祝って時計を選んで贈る人が多いのです。
会社設立は新たな門出となるため、時計を贈ることでスタートと言う気持ちが込められているとも言われています。
また、お祝いとなる内祝いを贈ると言う事は、今後の絆というものを以前よりも強くすると言う意味も有ります。

従来は単なる同僚として一つの会社の中でともに働いて来た人が、今度は会社の社長となり従業員を抱えて新たなチャレンジをして行こうと言う門出でもあるため、内祝いに時計などを贈ることで門出を祝うと言う意味を相手に伝えることが出来るわけです。

尚、内祝いの贈り物は時計だけではなく、一定期間楽しむ事が出来る胡蝶蘭などの花を贈る方法も有るので、メッセージを添えて贈り物をしてあげることで会社設立をする人も心強く感じてくれます。

Copyright(c) 2015 誰でも一人でできる会社設立の手引き All Rights Reserved.